クイーン・メアリー病院01

定期健診

お医者さんの名前: Dr Sally Ferguson
クリニックの住所: Room 105, Shui On Centre, 8Harbour rd, Wanchai, HK
電話番号: 2824 9112
診療時間: 10-17 (?)
休み: Sat PM-Sun, Public Holiday
妊婦以外でも受診できる?: できると思う
1回の検診の平均金額: HK$1500
(診察代:    、薬代:もらったことなし)
合計:
パッケージはある?: ないと思う
毎回超音波?: 特に必要なければ初回と20週目だけ
言葉: 英語
どうやって見つけた?: 友人の紹介
出産病院のチョイス: 本人の自由 (このドクターを指定する場合はアドベン)
その他感想:
40代っぽいさばさばしたイギリス人の女医さんで、頼れるかんじでした。リラックス系。
ひとりあたりの診察時間が長めなので、かなり待たされることもあります。Tsuan Yuk Hospital(Queen Maryの産前検診クリニック、上環)の場合は、検診料無料。超音波などの特別な検査を受ける場合のみ一律HK$60。ドクターはそのつど違い、指定はできませんでした。

 

●   出産

出産病院: Queen Mary Hospital
病院の住所: 102 Pokfulam rd., HK
電話番号: 2855 5524
部屋のタイプ: ベッドごとにカーテンで区切られた超大部屋。入院時にセミプライベート(2人部屋)を希望する事もできますが、その場合、分娩、薬、食事、ベッド代など全て請求されるそうです。
分娩室は完全個室(好眺望!)です。
だんなさんも一緒に泊まれる?: 泊まれません
エキストラベッド代:
母子同室?: 希望すれば同室
立ち会いは可能?: 可能
出産のタイプ: 普通分娩
パッケージの金額: HK$500
何泊? 2泊
その他(エピデュラルなど)の金額: 何もなし
ドクターフィー: なし。というか、指定不可
小児科費: 特になし(多分。でも実際にレシートを見ていないので明細はわかりません。とりあえず、退院時の清算は全てコミコミで、HK$500ポッキリだったようです。)
その他の検査費(黄疸など): 特になし
麻酔師費: 特になし
退院の時に支払った金額: HK$500
食事はチョイスあり?: 入院時にベジタリアンかどうか聞かれたので、もしかしたらアリ。
通訳は?: なし
持参したもの: IDカード、Tsuan Yuk Hospitalからのカルテ、Birth plan、退院時の服(子供のも)、入浴道具、スリッパ、新生児用オムツ、出血用ナプキンとベッドに敷く吸収パッド、(このへんの消耗品は一階の売店で購入可。)携帯電話、筆記用具、現金(病院内にHSBCのATMもありました。)くらいかな?だっさいピンクの病院服を強制的に着せれるので、寝間着は不要です。
その他感想:
大学病院の付属だけあって、看護婦さんもドクターも全体的に若いです。
去年まで学生だったんじゃないの?というかんじのスタッフの中には「マニュアルどおにやらなくては」という気負いが伝わって来るタイプもいて、何か聞いても、いまいちフレキシブルとは言えない返事が返って来たりします。頼み事があるときは、経験豊かそうなスタッフをタイミング良くつかまえると、心得た対応をしてくれました。言ったもん勝ちなので、BirthPlanはバッチリ書いた方がいいです。