サナトリウム病院04

定期健診

お医者さんの名前: Dr. Duncan, S. S. Leung
クリニックの住所: Room 701, 22-24 Yee Woo Street,
Causeway Bay, H.K.
電話番号: 2894-8810
診療時間: Mon.-Fri. 10am-13pm, 15pm-18:30pm
Sat. 10am-13pm, 15pm-17pm
Sun. 10am-12pm
休み: ドクターが個人的に休暇と取る期間以外、基本的に毎日OPENしているようです。
妊婦以外でも受診できる?: 専門はObstestrics and Gynaecology(産婦人科)ですが、友人は皮膚のかゆみやカゼをひいたときにもDr.Duncanのクリニックを利用しているので、受診できるようです。
1回の検診の平均金額: 1回の検診の平均金額:HK$800(診察料+薬代+超音波検査代)
合計:
パッケージはある?: ない
毎回超音波?: 毎回しました。
言葉: 英語、広東語、普通語のどれか。日本語は通じません。
どうやって見つけた?: 妊娠後、決まったドクターがいなくて探していたら、友人が
紹介してくれました。以前は養和病院に勤めていた方らしいです。とても温和で話しやすいドクターだったのでこのドクターだったら信頼できると思い、決めました。
出産病院のチョイス: 香港島だったら、養和、アドベン、マチルダ、カノッサ等
九龍の方はわかりません。
その他感想:
こじんまりとしたクリニックで、患者はまばら。つわりが重かった私には待ち時間が短くてよかったです。電話での相談にも気軽に乗ってくれるいいドクターです。

 

●   出産

出産年・月: 2006年3月
出産病院: サナトリウム病院 (香港養和病院)
病院の住所: Maternity Department
Hong Kong Sanatorium & Hospital
2 Village Road, Happy Valley, Hong Kong
電話番号: 2835-8765
部屋のタイプ: 大部屋
だんなさんも一緒に泊まれる?: エキストラベット代を払えば可能みたいです。
エキストラベッド代: 使用していないので、わかりません。
母子同室?: 別室でした。
立ち会いは可能?: 立会い出産でした。
もともとの病院パッケージに夫の立会いが含まれていました。
出産のタイプ: 普通分娩
パッケージの金額: HK$13,000
何泊? 3泊4日
その他(エピデュラルなど)の金額: 使用しませんでしたが、エピデュラル代HK$5,000+麻酔師代金がかかるようです。
ドクターフィー: 出産費 HK$9,500
往診費 HK$3,200
小児科費: HK$2,000
その他の検査費(黄疸など):
麻酔師費:
退院の時に支払った金額: HK$27,603
食事はチョイスあり?: 3食メニューから選べました。
ご飯にかけるふりかけを持っていって正解だと思いました。
通訳は?: 私が日本人だとわかると、日本語通訳さんを呼んでくれました 。入院中、午前と午後に2人の日本語通訳さんが伺いに来てくれました。(ひとり日本人、ひとり香港人)
持参したもの: パジャマ、下着、タオル&洗面用具、ウェットティッシュ、生理用品、スリッパ、ウェストニッパー、ドーナツクッション、デジカメなど。
その他感想:
養和病院の産科はとてもきれいで、ナースも感じのよい人ばかりでよかったです。もし次に出産するならまたここで生みたいと思います。