コミュニケーションを改善する カップルカウンセリングって、何をするの?

こんにちは。香港でカウンセラーをしている藤森です。
前回のコラムで は、夫婦関係に悩んでいる方を対象に、コミュニケーションの改善がどうして必要なのか、どんなことに気をつけたらいいのかをまとめてみました。今回は、ご質問をいただくことが多い、「カップルカウンセリングをコミュニケーション改善のために、どのように活用できるのか」をご紹介いたします。

まず、カップルカウンセリングにおいて、個々の問題の詳細はもちろん、どちらが正しいかということには、重きはおかれません。むしろ、コミュニケーションの 流れに注目をします。つまり、ご夫婦それぞれが、課題に対してどのように対応しがちであるか、伝えたいメッセージをどのように伝えているのか、二人の間で伝わらないものがあるならばそれは何なのかを見ていきます。そして、必要に応じて、お二人にとって望ましいコミュニケーションに置き換えていけるようにお 手伝いをしていきます。

では、具体的にどんな風に進めるのでしょうか?一般的な流れと、どう役に立つのかを、下記に書いてみました。

1.カップルカウンセリングの流れ
①お申し込みをいただいた時に、場所、料金をお伝えします。その後、それぞれの方と私が1回ずつお会いします。この個別セッションの中で、個人としての希望、二人の関係性をどうしていきたいのかを伺って、私からカウンセリングがどのように役立てるのかをお話します。

② その後、お二人一緒に、生活の中のどのコミュニケーションを改善していきたいかを話し合います。このジョイントセッションで、コミュニケーション改善のために、相手に対する要望を穏やかに伝えます。また、分かってもらいたいが伝えきれていない部分を明らかにしていきます。二人ではなかなか穏やかに話し合えないテーマをあえて、カウンセラーがいるところで話していくこともできます。
いずれにせよ、カウンセラーが、どちらが正しいのかを言い渡したり、 仲を取り持ったりするわけではありません。「ここにズレがありますが、どうやったら、お互いに歩み寄れますか?」「ここで感情的になってしまうのはなぜで しょうか?」「ここで語られていないことは何でしょうか?」など、二人で話し合っている時には気づきにくい点について問題提起をします。その後、日常のやり取りの中で、どこの部分を変えていきたいか話し合います。

③次回のセッションで、「何を変えたら、どんな成果があったか」、「どこが難しかったか」などを振り返っていきます。冷静に振り返ってこまめに軌道修正することで、解決しやすいところから少しずつ変化を作っていきます。

2.カップルカウンセリングは、どのように役に立ちますか
①二人の性格の相違が明らかになります
性格に良し悪しはありません。実際、違う性格だからこそ、魅力を感じてカップルになったのではないでしょうか。しかし、生活をする上で、その違いが、物事を決めたり、進めるために障害になることが多々あります。その一方で、似ている部分があるからこそ、当事者達だけでは問題解決がむずかしくなることもあります。このため、「相手の行動が、理解できない」そもそも、「私の性格って、なんだろう?」、と混乱することは珍しくありません。自分と相手の性格を今一度理解するだけで、物事の捉え方や反応の仕方に違いがあることがわかり、感情的なしこりが和らぐ場合も多々あります。そして、性格の違いに合わせた、効果的な話し合い方も、お互いの歩み寄りによって築くことができます。

②相手も自分も変わっていくことができます
相手を変えようと躍起になっているうちは、変わらない相手にストレスを感じて、コミュニケーションも悪化していきます。しかし、相手そのものではなく、相手と自分の間にある関係性を変えていくと、好ましい変化が生まれやすくなります。小さな変化を積み重ねていく中で、相手も自分も変わっていけることに気づかれると思います。

③問題の質を、整理することに役に立ちます
「灯台下暗し」とはよく言ったもので、問題の真っただ中にいると、「その問題がいつから始まったのか」、「今後どうなっていくのであろうか」という見通しを立てるのが難しくなります。
例 えば、パートナーの借金癖、暴力など、以前から存在し、今後もまた存在し続けるような問題なのか。それとも、子どもの問題行動や家族の生活形態など、一時的な状況から起きている問題が発端なのか。現状を把握し、先の見通しをもって、どうしていきたいのかを明らかにするには、カウンセラーなど冷静な第三者の関わりが効果的です。そして、自分の進みたい方向を明らかにして、話し合いを持つことで、感情的になりすぎるのを避けて、建設的に話し合うことに役立ちます。

④個人の成長を助けます
いくつになっても人は成長していくことができます。そして、それをお手伝いできることがカウンセラーとして、私の喜びです。性格はあっても、性格のもたらす自動的な反応を超えて、その人らしさを活かした豊かな人生にすることができます。夫婦の問題には、個人の成長のための課題や、実親との課題などが複雑に絡んでいることが少なくありません。カウンセリングの技術で、個人の成長を支えることが、夫婦関係を 穏やかにし、より豊かな家族関係をはぐくむことにつながります。

カップルカウンセリングに興味を持たれた方に、具体的なイメージできるように、一般的な流れを書いてみました。実際は、個々の事情によって、様々な対応ができます。心に響いた方は、お気軽にご連絡を頂ければと思います。

Suomi Fujimori

臨床発達心理士。2012年より香港に移住。個人・カップル・ファミリーを対象としたカウンセリングを、日本語・英語で提供しています。