午前中で新界の開運スポットをぐるっと回る

今朝は朝早くからお客様をご案内して川龍村に行って来ました。
クレソン畑と飲茶で有名な場所です。

MTRでチュンワンまで行き、
そこからミニバスで川龍村へ。
まずはクレソン畑を見に行きます。

ここはどこ?香港ですか?

綺麗な水があるのでクレソンがよく育つようです。
この素晴らしい環境が開運スポットとして評判になっている、
と思ってます、わたしは。

今日はここに2つあるレストランのうち、
バス停に近い彩龍茶楼で朝飲茶です。
水晶エビ餃子とシュウマイとチャーシューマンに牛肉団子、

ここに来たら忘れてはいけないクレソンも食べないといけませんね。

食事を終え、1時間に一本しかない51のバスに乗って峠を越え、
石崗の人民解放軍の基地の横を通り、
上村で64Kのバスに乗り換えて林村の許願樹へ行きました。

今年は酉年だから鶏が置いてありますね。

ここでプラスチック製のミカンを買って

つけられた短冊に願いを書いて木にぶら下げます。
下から投げて枝に巻きつけます。

これが本当の許願樹のようですが、
老化してしまったのでプラスチック製の木を作って
プラスチック製のミカンを投げて願をかけるようになってしまったようですね。

許願樹の裏には天后廟がありました。
64Kのバスに再び乗り、
大和の駅でMTR東鐡線に乗り、
大圍でおりて車公廟へ行きました。

ここは風車を三回回して厄を吹き飛ばすという
言い伝えのある道教寺院です。

この中に入ったのは初めてです。

これが車公さま。南宋の時代(1127-1279)の末期、
モンゴル軍が攻め込んで来たため南宋の軍隊は抵抗できず南へ逃げました。
南宋の皇帝を守って来た車公は今の香港サイクン(西貢)あたりで病に倒れてしまいました。
彼は道教を信じていたため、この付近に住んでいた人は彼の勇敢さをたたえ、
お寺を作って祀った。これが車公廟の始まりです。

この風車を三回まわし、横にある太鼓を三回叩いて厄を追い払います。
わたしも厄払いができたでしょう。

そこから89Bに乗って黄大仙に行きました。
香港で一番有名な道教寺院です。
ここは占いでも有名な場所です。

おみくじを引いたら24番が出たのでHKD30を払って仕事を占ってもらいました。
ゆっくり努力すること。7-9月は商売が良いが10月は気をつけろ。保証人にはなるな
。というありがたいお言葉を頂戴しました。漢語(普通話)はHKD30、日本語だったらHKD50のようです。

おみくじを紅包に入れてもらいましたがHSBCでタダで配ってるやつじゃん(笑)

こちらへの旅行のお問合せは
info@stw.com.hk
まで