ユナイテッドクリスチャンホスピタル02

定期健診

お医者さんの名前: United Christian Hospital
(ユナイテッドクリスチャンホスピタル)
クリニックの住所: グントン
電話番号: 23799611
診療時間:
休み:
妊婦以外でも受診できる?: できる
1回の検診の平均金額: (診察代:0、 薬代:0   )
合計: 超音波の時にHKD60かかる。他に、高齢出産(35歳以上)だったので、OGTTの費用HKD100と、結局問題はなかったけど、OGTTでひっかかったので、栄養指導にHKD100、
再検査でHKD100の計HKD420(後、血液検査にHKD60かかったかもしれないが、忘れた)
パッケージはある?: ない
毎回超音波?: 全部で2回
言葉: 広東語か英語
どうやって見つけた?: 友人に教えてもらった(公立なので、区域があるらしい?)
出産病院のチョイス:
その他感想:
クリニックで妊娠証明をもらって、受け付けてもらってから初めの診察は1月半以上後だった。後、エコーが2回しかなく、あんまりはっきり見えなかったので、自分でちゃんと見たい人はクリニックと併用したほうがいいかも。心音は毎回チェックしてたけど。

●   出産

出産年・月: 2007年9月
出産病院: ユナイテッドクリスチャンホスピタル
病院の住所: グントン
電話番号: 23799611
部屋のタイプ: 6人部屋
だんなさんも一緒に泊まれる?: 不可
エキストラベッド代:
母子同室?: 同室
立ち会いは可能?:
出産のタイプ: 通常分娩

出産時の経過や感想:
陣痛が来てから出産まで約3時間で、受付で色々質問された後、高齢の上に子供が意外と大きかったので、帝王切開にするか先生と相談しましょうと言われ、力まないようにといわれたが、我慢できず、気が付けば、先生も”Push、Push”と言っていた。
第2子だったけど、1人目は帝王切開だったのに、すぐに生まれたので、無痛分娩にしてもらう予定が間に合わなかった。
でも、帝王切開と違って、すぐに子供と対面できたし、第1子はセントテレサだったけど、母子同室ではなかったので、今回は子供と近くにいれてよかった。でも、夜中の授乳とかは産後いきなりで結構つらいかも。

パッケージの金額:
何泊? 3泊4日
その他(エピデュラルなど)の金額:
ドクターフィー:
小児科費:
その他の検査費(黄疸など): 子供が黄疸のため1泊延泊したので、HKD50かかった
麻酔師費:
退院の時に支払った金額: HKD400+上記HKD50+HKD300(香港の登記所に子供の出産証明を早く(2日で)送ってもらう費用。通常は2週間くらい)
食事はチョイスあり?: なし
通訳は?: なし
持参したもの: 産褥パット、網パンツ、日用品(歯ブラシ、タオル、ティッシュ)、コップ、ガーゼ、おしりふき、本、帰りの服(自分用、子供用)、ウエストニッパー
その他感想:
外国人ということで、私のつたない英語&広東語を聞いてくれようとしてくれたので、かなり過ごしやすかった。食事はあんまりだったけど。1人目の 時はHKD30000(帝王切開で、やはり黄疸のため子供は1泊延泊・・・これでも安いランクらしい)かかったけど、通訳の人はいなかったので、パブリックでも条件は変わらず、ドクター、看護士さんに遜色はなかったと思う。