クイーン・メアリー病院03

定期健診

お医者さんの名前: Dr.Wong Wai Ming
クリニックの住所: St.Paul’s Hospital
電話番号: 25776045
診療時間: 月~土 8時ー13時、16時ー20時
日祝日 9時ー1時
休み:
妊婦以外でも受診できる?: できる
1回の検診の平均金額: (診察代:120ドル 薬代:サプリメント(断る事も出来る)140ドル 超音波:250ドル )
合計:
パッケージはある?: あり
毎回超音波?: 希望による
言葉: 英語、日本語、広東語
どうやって見つけた?: 家の近所だった
出産病院のチョイス:
その他感想:
日本語が話せる事務員さんがいて,彼女を通して診察を予約すると待ち時間が短くて済むが、それでも待ち時間は長かった。
希望すれば診察時も彼女が通訳してくれる。
先生も穏やかだし、通訳をしてくれる事務員さんもとても親切。

 

●   出産

出産年・月: 2007 年 8月
出産病院: 公立クイーンメアリー
病院の住所: ポクフーラム
電話番号: 28553838
部屋のタイプ: 大部屋&個室(ベッドがいっぱいだったため一泊だけ個室に泊まる事が出来た)
だんなさんも一緒に泊まれる?:
エキストラベッド代:
母子同室?: 同室
預かって欲しい時は預かってもらえる
(シャワーの時等)
立ち会いは可能?: 可能
出産のタイプ: 無痛分娩
出産方法(ラマーズ法など):
出産時の経過や感想: 無痛分娩を希望していたが、麻酔の先生がなかなか来てくれず結局痛い思いをした
パッケージの金額: 350ドル
何泊? 3泊
その他(エピデュラルなど)の金額:
ドクターフィー:
小児科費:
その他の検査費(黄疸など): 60ドル
麻酔師費:
退院の時に支払った金額: HK$350
食事はチョイスあり?: 普通食とベジタリアン
通訳は?: 麻酔の時だけ日本語通訳がついた
持参したもの: HKIDカード、カルテ、下着、靴下、退院時のべビー服、オムツ(新生児用1パック)、お尻拭き、アンダーパッド、悪露用のナプキン、コップ、スリッパ、タオル、洗面用具、カメラ、DVDカメラ、Ipod、携帯電話、暗くないと眠れない私はアイマスクが夜も昼も役立った。
その他感想:
英語も広東語も苦手な私は、言葉の面で苦労もあったけれど,満足のいく出産が出来た。
食事がとてもまずいので何か食べ物を持参するか、差し入れをしてもらった方が良い。