カノッサ病院02

定期健診

お医者さんの名前: Dr. William W. K. So
クリニックの住所: Central Building, 1 Pedder Street, HK
電話番号: 3651-1718
診療時間: 11:00~14:00(日本語通訳)
休み: 日、祝日
妊婦以外でも受診できる?: できる。
1回の検診の平均金額: (診察代:700ドル 超音波代:500ドル )
合計: 1200ドル
パッケージはある?: なし
毎回超音波?: あり
言葉: 先生は英語で日本語通訳がつきます。
どうやって見つけた?: 友達の紹介
出産病院のチョイス: マチルダ、カノッサ、アドベン他、どこでも良いと言われました。
その他感想:
予約制ですが、待たされることも結構あります。待合室はかなり冷房が利いていますので、羽織るものを一枚持っていくことお勧めします。(ブランケットも貸してもらえます)

●   出産

出産年・月: 2007年 5月
出産病院: カノッサ病院
病院の住所: 1 Old Peak Road, Central
電話番号: 2825-2150
部屋のタイプ: 個室
だんなさんも一緒に泊まれる?: 可(夫以外でも一人までなら可能)
エキストラベッド代: なし
母子同室?: 基本的には別だが、個室だと呼べばいつでも連れてきてくれる。
立ち会いは可能?:
出産のタイプ: 無痛分娩→帝王切開
出産方法(ラマーズ法など): 出産時の経過や感想:予定日を5日過ぎても陣痛が来なかった為、陣痛促進 剤を使っての出産に踏み切りました。が投与後5時間経過しても陣痛が微弱、子宮口も開かずでこのままだと赤ちゃんが危険とのことで急遽帝王切開へ。無痛分 娩を希望していたため、既に硬膜外麻酔をしていたので手術準備はスムーズに進み、帝王切開決断1時間後には赤ちゃんの泣き声聞けました。終わってみれば出 産フルコースをしてしまった感じです。
パッケージの金額: 40,150ドル
何泊? 6泊
その他(エピデュラルなど)の金額: エピデゥラル:4,950ドル
ドクターフィー: 57,500ドル(手術費:40,000ドル、往診料:2,500ドル/day)
小児科費: 16,600ドル(往診料:1,800ドル/day)
その他の検査費(黄疸など): 聴覚検査:400ドル、光線療法:615ドル
麻酔師費: 13,500ドル
退院の時に支払った金額: 140,525ドル
食事はチョイスあり?: 中or洋 (おやつあり)
通訳は?: 月~金(9時~17時)土(9時~13時)
持参したもの: パジャマ、生理用パンツ、ナプキン、産後用ブラジャー、うち わ、清浄綿、母乳パット、スリッパ、洗面用具、マタニティガードル(ウェストニッパータイプ)、退院時の自分の服と赤ちゃんの服(肌着、ベビーオール、お くるみ、ミトン)、妊娠本、母子手帳、デジカメ、ビデオカメラ
その他感想:
陣痛促進剤を打って陣痛が来るのを待っている間、看護師さんが 小間目に診に来てくれたのが心強かったです。出産後も丁寧な対応で安心できました。廊下を挟んで大部屋が並んでいるのですが、見舞の人が夜中まで来ていて 廊下で大声で話しているのがうるさかった。部屋は個室でも広くて清潔感ありました。次生む機会あればまたこの病院を選びたいと思っています。