第4回:MPFを見直していますか?

11月になって随分涼しくなってきました。

これからのシーズンはサンクスギビングやクリスマスといった行事もありますので、

体調管理や食生活に気をつけてお過ごしください!

さて今回はMPFについてです。

日本の年金にあたるものが香港のMPFです。
加入の規定などについてはこの欄では省略いたしますが、日本の年金との大きな違いは運用を自分で管理することです。
「運用」というとちょっとハードルが高いような気がしますが、そんなに難しいことではありません。
毎月の積立金をどのファンドにするかを決めるだけです。

どんなファンドがあるのか、またファンドの今までの実績はどうなっているのかなどは各MPF運用会社の
ホームページで確認することもできますしMPFA(香港の年金庁)のホームページからも確認できます。

MPFを上手に運用して増やすには定期的な見直しが必要です。
時間があれば3ヶ月、または6ヶ月に一度の見直しをお勧めしますが1年に一度の見直しでも十分です。

見直す時のポイントとして、以下ご参考ください。
・自分の年齢 (定年が遠い場合と近い場合でリスクのとり方が違います)
・目標設定 (一年でどれだけ増やしたいか,、利息だけでよいかなど)

実際の見直し例をご紹介します。
30代 女性
見直し前: Stableファンド+Conservativeファンド 1年運用実績:+1.2%
見直し後: Stableファンド+ヘルスケアファンド 1年運用実績:+10.38%

元本割れは避けたいけれど5-10%は増やしたいとご希望です。
定年まで保有すると元本保証のStableファンドを残しながら、
まだ定年まで20年以上あるので少しリスクのあるものを加えてみました。
結果は大成功でした。

これは一例ですが将来のために、老後の生活を豊かにするための資金の一部として
是非MPFを見直してください。

弊社ではMPFのご相談も承りますしMPF以外の個人で運用出来るファンドも多数ございます。
どうぞお問い合わせください。