第3回: あまり知られていないけど、役に立つ情報 ”政府のデンタルケアサービス”

今回はあまり知られていないけれども、とても便利で役に立つ情報をご紹介します。

香港では小学生を対象として政府が歯の検診と治療をしてくれる制度があります。

登録料の20ドル払えば1年に1回の検診と必要であれば虫歯の治療をしてくれます。

この制度を「School Dental Care Service」といいます。

ローカルスクールやESFなどの小学校は、学校が全校生徒の分をまとめてこのサービスに申し込み、

各自がサービスセンター(政府のクリニック)で検診と治療を受けるようになっていますが、

日本人小学校やインターナショナルスクールなどはこの制度に加入していないので

個人で申し込めばサービスを受けることができます。

さて、個人での申し込み方法です!

  • 申込み書類
  • HKIDカードまたはパスポート
  • 在学証明書(英文)
  1. 以上をサービスセンター(政府のクリニック)に持って行って申し込みます。
    申し込み書類はサービスセンターでもらうことも出来ますしダウンロードもできます。
  2. その後サービスセンターから受領書類が郵送されますので、その書類を持って郵便局やコンビニで20ドルを納めるかインターネットで納めます。
  3. サービスセンターから予約日が印刷された予約票が届きますのでそれを持って検診にいきます。
    予約日は変更可能です。

サービスセンター(政府のクリニック)の場所や詳しい情報は下記のウエブサイトでご確認ください。
http://www.schooldental.gov.hk

この制度を利用して、大切なお子様の歯のケアをしましょう!