どのようにして学校は子どもたちの脳を使わせるか?

最近多くの学校は創造性や遊び中心の学びを尊重しているようですが、その科学的教育プロセスも考慮しなければならないと感じています。

ま ずカリキュラムそのものが両脳を刺激するようにバランスを保つことができているか。学校は右脳と左脳の良い運動になるような活動や学びの過程を作っていくべきでしょう。子供にとって過度のプレッシャーやストレスは脳の一部のみ使うことになり、それが原因で自信をなくしてしまったり、自主的に話すことを抑制してしまうことに繋がります。本当の良い学校とは、子どもたちが学びをうまく自然に消化できる環境を作っていること、これは大切です。なぜなら学びの過程でこれは重要事項の一つだからです。学校が生徒の自信を高めることの一つの方法は子どもたちを褒めることにあります。先生や親から褒められることで子どもたちは自信力を身に付け、ストレスをあまり感じない子どもになります。研究によると子どもたちを成功へと導く大体の割合が%で表されていますのでご覧くだ さい。

– 教師が授業で生徒へ話す (5%)

– 生徒が自分で本を読む (10%)

– 生徒がプレゼンを見る (20%)

– 生徒が先生のお手本を見る (30%)

– 生徒がディスカッションのグループに参加する (50%)

– 教師が推奨する活動等に従事する (75%)

– 生徒が他の人に教える (90%)

 

 

Alexander Key氏は香港で17年の教師経験があり、現在は北角にあるハミルトンヒル国際幼稚園で教師及び教育ダイレクターとして勤務。現在ハミルトンヒル国際幼稚 園では2017/18年度入園の園児を募集中。16ヶ月~参加可能な親子クラスも好評開講中。学校見学やお問い合わせは日本語でも受付中。info@hhik.co お気軽にお問い合わせ下さい。ハミルトンヒル国際幼稚園では3/25にお子さまが楽しめるイベントを行います。音楽のパフォーマンス、イースターエッグハンティング、イースター関連の遊び等。参加費無料、11:00-15:00まで開催!info@hhik.coまで御予約下さい。
Hamilton Hill International Kindergarten
No 1-3 Ching Wah Street, North Point, HK
電話: +852 3461 9766 ウェブ: www.hhik.co