リレーりんりんその8

[2005.9.29] (37週)
今日は前回アポイントを取らされたので、プレイルーム後のしんどい体を引きずって検診に行った。
というのはこの先生、予約は取らない主義だった。
でも今回からは、臨月だからか私がまじめに検診に行かない不良患者だからか、アポイントを取るという。
今週土曜は祝日なので、仕方なく今日にした。

プレイルームのあと飲茶をしたら、すごーく眠たくなって帰宅後しばし爆睡。
起きたら3時30分。
4時アポだったので急いで支度をする。
先週も検診に行ったところだし、おしるしも異常もないんだからめんどくさいなーーと思ってたら、尿検査のことをすっかり忘れてトイレに行ってしまった。
これも2人目の余裕か、単に怠惰なだけなのか。。。

4時を5分ほど過ぎて到着。
すでに3組ほどの妊婦が待っているが、先生はまだ来ていないらしい。
ちょうどよかった。尿検査をする時間ができた。
心配することもなく、少しだが検査用のブツもゲット。さすが妊婦。

そうこうしているうちに先生登場。
一番最初に呼ばれた。アポありの威力はすばらしい。
ムスメもまだぐずってなかったので、ありがたや。

先生はけっこうわかりやすい性格。
午後一なので余裕のある顔。これが忙しいと顔が厳しくなるんだな。
前回渡した出産計画書に目を通していた。
「最初の子と同じですよ」と一応言っといた。
余裕がありそうなので、だんなの両親が9日に来るから、遅くとも予定日には産みたいと言おうとしたら、「まだその話は早い」みたいな反応。
「みたいな」というのは私が疲れてて、英語が変だったから。
普段でさえあんまりうまくないのに。
というわけで来週、だんなと一緒に来て伝えようと思う。
って、その前に陣痛がなければの話。

超音波で確認。頭も正常な位置にあるし、ノーマルなので心配ないとの事。
余裕をかましている先生、一通り終わった後、
「顔、見たい?」だって。
「見たい見たい。」と言うと、頭の辺をもう一度チェック。
お腹の子はちょうど横を向いてて見えなかった。残念!!
余裕がありそうだったので、
「女の子ですよね?」
ともう一度見てもらうことに成功した。
やはり、女の子のようだ。
これで男の子だったら笑い話だな。

推定体重は3kg。
次回は1週間後。

費用: Treatment/Associate Materials 140$ , Doctor Fee 200$….. Total 340$