リレーりんりんその2

[2005.5.4] (16週)
午前中の早い時間に行ったら患者さんも少なめで、30分待ち。
予約制だったら長い気がするが、この先生は予約を取らないのでまだ待てる。

診察室に入り、週数の確認、血圧・体重計測。
その後前回同様お腹の上からゼリーを塗り、超音波。
こちらから言わなくても、
「えーと~ クリアじゃないから見えないな~」
と性別を確認。
聞こうと思ってたけど忘れてたのでちょうどよかった。
しかし、、、今回わが子は性別を見せてくれなかった。残念!

途中で先生を呼ぶベルが何度も鳴る。
どうやら出産で分娩室から呼び出しがかかっているらしい。

そして「血液検査を受けてね」と、書類を作成。
先生は忙しそうで、「heavy,heavy」と繰り返していた。
「ごめんね、今日は忙しいんだ。次回ゆっくり性別を見ようね。」
と、「see you, see you」(笑顔で)とすまなさそうに私の肩をポンポンと軽くたたき、
出産立会いのため診察室を出て行く。
すべりこみセーフ。
1人遅れてたら、出産が終わるまで待たないといけないところだった。
そういえば血液検査の説明がなかった、、、
1回受けてるからわかってると思ってるのかなあ。

検査詳細が記載された用紙を持って、1F検査室へ。
なんと2000$もするという!
明細を聞こうかと思ったが、しんどいのでやめた。

採血する人は若いお兄ちゃん。
「英語でお願い」というと、愛想たっぷりに対応してくれた。
名前と週数、最終月経日など書類記載事項の確認を求められる。
その後、採血。
ワタシはその瞬間を見るのが苦手。目をそらして待つ。

検査結果は1週間後、電話をくれるらしい。
検診は、問題なければ4週間後とのこと。

ちょっと検査代が高すぎる気がした。
前回行っていたクリニックは、診察代は高かったが、検査代は安かった。
今までの診察代・検査代を計算したら、トータルはクリニックと同じかも。
先生も忙しそうだったし、ちょっと不満。
でもワタシはこの先生の人柄が好きだし、こちら側の安心感は捨てがたい。
というわけでワタシはまた、この先生に診てもらうと思う。

費用:Laboratory 2,085$ , Treatment/Associate Materials 100$ , Doctor Fee 200$….. Total 2,385$