リレーみゆきりんその10

[2005.9.12] (35週目)

プリンセスマーガレットのチェックアップに行く。
午後3時のアポイントメントは混んでいてレジスターするのに15分くらいはかかった。まわりを見ると並んでいるのはほとんどだんなさんである。
妊婦の奥さんはその間に採尿をし、血圧、体重を計り、
その後は椅子でゆっくりと座っている。
それにしても月曜日の午後に奥さんの付き添いができるだんなさんは
どのような職業の人なのだろうとおばさんは興味津々である。
自営業ってかんじでもないし、
かといってアーティストとかそういう関係でもなさそう。
夜の仕事をしているのかしら、などと勝手に想像しながらレジスターするのを待つ。

今回はレジスター直後、トイレに直行し採尿。
その後ナース室の前で最前列の席に座り、検査紙を持って出てくるナースを待つ。
尿に異常はない。
それから血圧を測り、同じ紙に体重を記入した。
ナース室によばれ、席に座ろうとすると
「尿検査は済ませた?」と聞くので
「イエース」と答えた。
「血圧は?体重は?」の質問にも余裕の笑みを浮かべて
「オフコース」と言った。へへん。

ナースとのインタビューで出産の時の詳しいプロセスを聞いた。
事前に病院に電話する必要はなく、
とにかく破水、おしるし、陣痛のどれかがはじまったらブロックCにある分娩室に直行すればいいとのことだ。
タクシーの運転手さんに見せるために広東語でそれを書いてもらった。

10分ほど待って、ドクターの部屋に入る。
前回のブドウ糖の検査の結果は正常とのこと。
心拍音を聞き、お腹を触る。
全て正常である。
前回の出産は予定日よりも3週間早かったから今回もそうなるのか聞いてみると、
その可能性は高いと言う。
まわりのママ友の体験談を聞いても、
一人目よりも二人目の方が時間的にも
予定日の何週間前かというのも早かったという人が多い。

そろそろ入院の準備をして、
外出する時はいつ破水してもいいようにマイタオルを持ち歩くことにしよう。
次回のチェックアップは2週間後であるが、
その前には産まれているような気がする。

費用:なし